美容のために体の毒素を出そう

美容

糖質の取り過ぎはびようによくないです

最近糖化という言葉を聴きませんか?

糖化は、炭水化物に含まれる糖分を取り過ぎることによっておこる現象です。

糖尿や高血圧、動脈硬化など生活習慣病だけでなく、お肌の老化も早めます。

肌の、しわやくすみの原因になるのです。

皮膚はたんぱく質でできていますが、糖の摂取が多くなると糖化反応を起こします。

まずは、血糖値を急上昇させないものを先に食べます。

野菜ですが、ほうれんそうや人参、ブロッコリーなど緑黄色野菜や、ごぼう、れんこんなど根野菜です。

食べる順番は、野菜、たんぱく質、炭水化物です。

できるだけ、炭水化物の量を減らします。

野菜の代わりに、海藻類でもいいですよ。

野菜のあとに、あったかいおみそ汁やスープもほっとします。

ゆっくりと時間をかけて食べて、一口を良く噛んで食べましょう。

食事と食事の間を開け過ぎないようにしましょう。

挫折しないように、長期で取り組むので、がまんばかりしていては続きません。

そして、糖質はすばやくエネルギーになるので、運動する前にとれば問題ないです。

運動と言っても激しいものではなく、ストレッチでいいのです。

ストレッチって、やるととても体が楽になるので不思議です。

肩コリや腰痛にも効果があります。

大阪でほくろについてお悩みの方にこちらのサクラアズクリニックをおすすめします。【ほくろは大阪のサクラアズでスッキリ取ろう!】ほくろで悩みの女性はたくさんいるので、この際に綺麗になって、人前でも自信を持てる人生を歩もう!!

体の中の毒素を外に出すのは美容にいい

毒素には、2つの種類があります。

ひとつは、汚染された空気や水に含まれる有害ミネラルです。

魚介類、農薬漬けの野菜、化学薬品や添加物です。

もうひとつが、体の中から生まれる毒素です。

食べたものが退社するときにできる老廃物のことです。

便秘で腸内の環境が悪化すると、ガスや老廃物が溜まります。

現代の生活では、食事が不規則になったり、睡眠不足でどんどん体に毒がたまります。

内臓の動きが悪くなることで、内臓の機能が低下して代謝が低下。

太りやすくなったり、新陳代謝が悪くなるのでお肌のトラブルにもなります。

毒素をためる原因は、便秘、食べ過ぎ、ひえ、運動不足です。

まずは、便秘を直すために、食物繊維がたっぷりの食品をとりましょう。

また、体を暖めて運動すると、汗が出てデトックスになります。

消化器官を整えて、排泄力を高めるために、おすすめなのがマッサージです。

足裏や、ふくらはぎのマッサージは、冷えの改善にもなり、血行がよくなります。

お腹のマッサージは、必ず深い呼吸とセットでやりましょう。

息をはくときに、はあ~と声を出してやると、安心感に包まれます。

就寝前や入浴中がいいです。

マッサージはアロマの自分の好きな香りで、やってみましょうね。

information

2017/10/19

アロエの力がすごい!

40代後半になり、顔全体の老化が目立つようになってきた私。先日、ちょっとしたきっかけで、美容に効果のある天然成分を知る機会がありました。そこで知ったのは、アロエの効果です。なかなか取れない、シミのような色素沈着に効果が高いらしく、ニキビや、やけど跡の改善効果も高いんだそうです。嘘みたいな話なのですが、アロエを肌に毎日付けるだけで、シミが消えたという人がいたり、やけど跡がきれい…

2017/10/19

美容の為にしている事

以前に化粧をするのが面倒だったので眉と目尻にタトゥーを入れて貰いました。施術は麻酔を使ったのですが物凄く痛かったです。目尻の下の部分に黒の入れ墨をして貰って眉も黒の入れ墨をして貰いました。その為眉を書かなくて済むし目尻にアイライナーを入れなくて済む様になりました。また夏場になったりすると肌の露出が多くなるのと水着を着たりする機会が多くなるので脚や脇や腕の脱毛をしたいと思って薬局で泡タイプの脱…

2017/10/19

自然のものできれいに暮らす

私が普段きをつけていることは、人の体の70パーセントを占めるお水。からだにいいお水を常温で飲むようにしています。人それぞれ欲している成分に合わせて、あとは飲んでみて美味しいを感じるものがその人に1番あっているものだと思います。あとは、よい油です。毎日新鮮な魚を毎日。。。というのはむずかしいので、えごまゆを毎日おおさじ1杯飲みます。火に弱いので、火を使わない料理にかけてたべても美味しく…

2017/10/19

顔のほくろ除去

幼い時から、顔にあったほくろが歳をとるにつれて、少しずつ大きくなってきました。口の近くにあったこともあり、よく触れてしまうということもあって、とても気にしていました。周りは気にすることはないと言ってくれましたが、化粧することも多くなってきて、やはり気になってしまい、ほくろ除去をすることを決意しました。このほくろはガンや治療が必要なものではなかったので、保険では出来ず、美容外科での除去になりま…